BTC(ビットコイン_Bitcoin)はビットフライヤーで買えます

ビットコインはbitFlyer(ビットフライヤー)で購入する事ができます。

■ビットコインはbitFlyer(ビットフライヤー)で購入できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインを取り扱っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)への日本円の入金がが済んでいれば、すぐに購入できます。

ビトフライヤー:https://bitflyer.jp/

■bitFlyer(ビットフライヤー)取り扱いコイン

ビットコイン含む、bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱いコインは以下になります。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)

※2018年3月現在

■bitFlyer(ビットフライヤー)以外で購入可能?

ビットコインは、bitFlyer(ビットフライヤー)以外の取引所は下記になります。

■特徴

国内取引所】【取引量日本一】【株主が大企業】【最高強度のセキュリティ

サイトURL:https://bitflyer.jp/


■特徴

国内取引所】【手数料が安い】【取り扱いコインが豊富】【コイン積立

サイトURL:https://zaif.jp/


■特徴

国内取引所】【手数料が安い】【チャートが充実】【キャンペーン多数

サイトURL:https://bitbank.cc/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【公式アプリあり

サイトURL:https://www.binance.com/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【ICO直後のコイン取り扱いが早い

サイトURL:https://hitbtc.com/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【日本語対応

サイトURL:https://www.kucoin.com/


■ビットコインの概要

ビットコインは仮想通貨の代表的存在です。最近もその値動きの激しさからニュースなどにも取り上げられ、一般にも名を知られるようになりました。ビットコインが運用開始されたのは2009年で、Satishi Nakamotoなる人物の論文に基づいて作られました。元々は国に縛られない自由な通貨として始まり、初めて商取引に使われたのは2010年の5月22日と言われています。ちなみにビットコインで購入したのはピザの様です。この5月22日は「ビットコインデー」と呼ばれています。
その最大の特徴は取引の便利さにあります。個人情報を入力する必要もありませんし、曜日日時にも左右されません。手数料もクレジットカードなどよりも安く抑えられ、店側にもメリットがあります。デメリットとしては投機目的での購入が増え、コインの価値が乱高下していることです。1番メジャーな仮想通貨ですので、これから一般に普及するにはこの価値の安定が必要となるでしょう。

■ビットコインの現在価格とチャート

・ビットコインの現在価格

・ビットコインのチャート

■ビットコイン基本情報

通貨名 ビットコイン/Bitcoin
通貨単位 BTC
公開日 2009年1月9日
発行上限枚数 21,000,000 BTC
公式サイト https://bitcoin.org/
ホワイトペーパー https://bitcoin.org/bitcoin.pdf