LTC(ライトコイン)はZaif(ザイフ)で買えます

ライトコインはZaif(ザイフ)で購入する事ができます。

■ライトコインはZaif(ザイフ)で購入できます。

Zaif(ザイフ)では、ライトコインを取り扱っています。

Zaif(ザイフ)への日本円の入金がが済んでいれば、すぐに購入できます。

Zaif(ザイフ):https://zaif.jp/

■Zaif(ザイフ)取り扱いコイン

ライトコイン含む、Zaif(ザイフ)での取り扱いコインは以下になります。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ネム(XEM)
・モナコイン(MONA)
・カウンターパーティー(XCP)
・ビットクリスタル(BCY)
・ストレージコインエックス(SJCX)
・フィスココイン(FSCC)
・ペペキャッシュ(PEPECASH)
・カイカコイン(CICC)
・ネクスコイン(NCXC)
・ゼン(jpyz)
・コムサ(CMS)
・ザイフ(Zaif)

※2018年3月現在

■Zaif(ザイフ)以外で購入可能?

ライトコインは、Zaif(ザイフ)以外の取引所は下記になります。

■特徴

国内取引所】【取引量日本一】【株主が大企業】【最高強度のセキュリティ

サイトURL:https://bitflyer.jp/


■特徴

国内取引所】【手数料が安い】【取り扱いコインが豊富】【コイン積立

サイトURL:https://zaif.jp/


■特徴

国内取引所】【手数料が安い】【チャートが充実】【キャンペーン多数

サイトURL:https://bitbank.cc/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【公式アプリあり

サイトURL:https://www.binance.com/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【ICO直後のコイン取り扱いが早い

サイトURL:https://hitbtc.com/


■特徴

海外取引所】【手数料が安い】【取り扱いコイン豊富】【日本語対応

サイトURL:https://www.kucoin.com/


■ライトコインの概要

ライトコインは2011年に公開された仮想通貨です。

これはビットコインの公開の2年後という事で比較的老舗の仮想通貨と言えるでしょう。

ライトコインの開発者はビットコインを「金」、

ライトコインを「銀」にたとえ、元々は第二のビットコインとして開発されました。

簡単に言えばビットコインの後追いです。

その特徴もビットコインとほとんど変わりませんが、

送金する速度はビットコインの4分の1程度で手数料も安価です。

また、流通量も多く、発掘や取引もしやすくなっているので手軽な仮想通貨の一つともいえ、
普及すれば買い物などに使いやすいと言えるでしょう。

ただ、最近のビットコインの高騰により、
ライトコインも投資目的の購入が増え、値段が高騰しています。

チャートの動きには目を光らせることが必要で、
ビットコインの二番煎じともいえない環境になってきています。

■ライトコインの現在価格とチャート

・ライトコインの現在価格

・ライトコインのチャート

■ライトコイン基本情報

通貨名 ライトコイン/Litecoin
通貨単位 LTC
公開日 2011年10月7日
発行上限枚数 84,000,000 LTC
公式サイト https://litecoin.com/
ホワイトペーパー 0